本文へスキップ

はちみつ工房 つちやは、岐阜県の山間部 中津川市でハチミツを採取・販売しています。

電話でのお問い合わせはTEL.0573-66-7478

〒508-0001 岐阜県中津川市中津川2364-1712


はちみつ豆知識

 ミツバチはヒトよりずっと昔から地球にいたそうです。約5000年前の新石器時代の岩壁の彫刻には、蜜採りの風景が浮彫りにしてあり、ヨーロッパには、「ハチミツの歴史は人類の歴史」という言葉もあるそうです。    

・はちみつの成分「体に役立つ成分が盛りだくさん!」

 カルシウムやミネラルなどを多く含み、強力な殺菌作用もあるハチミツの主成分はブドウ糖と果糖。
この糖類は単純糖と呼ばれ、体に吸収されやすく、即効的で疲労回復に良いとされています。

 ※ハチミツはとても優れた食品ですが、腸の抵抗力が弱い1歳未満の乳児には与えないで下さい。


・はちみつの保存「常温が1番!」

 ハチミツの保存は常温が1番です。ハチミツは寒くなると白く固まります。これを結晶といいます。これはハチミツに含まれるブドウ糖が原因です。昔は、砂糖が混ぜてあるのでは?と誤解する人もいました。ハチミツは、花の種類によって、ブドウ糖の量が異なる為、結晶が早いハチミツと結晶が遅いハチミツがあります。つまり、結晶しないハチミツはありません。
 結晶は加熱することで溶けますが、長時間の加熱はハチミツ特有の風味や香り、色が失われてしまうことがありますので、避けたほうがおいしいです。


・はちみつの保存容器「そのままが1番!」

 購入されたガラスのビンのまま保存するのが、1番良いです。金属製の容器に移しますと、金属を溶かす性質を持っているため、容器に入れている間にハチミツが変質してしまう恐れがあります。


    

はちみつの種類

 ハチミツは採取した蜜源植物により、様々な種類があります。代表的なものを紹介します。
日本では、味も香りもあっさりしているものを好む方が多いようですが、ソバ蜜やシナノキ蜜などがヨーロッパでは人気があるそうです。また、暗褐色のハチミツの色は大部分がミネラル由来なので、栄養価も高いです。

植物の種類 ハチミツの色 味・香りの特徴
レンゲ・トチ・アカシア・クローバー 淡白色 味も香りもあっさりしています
ミカン・サクラ 黄金色 味も香りもあっさりしています
ナタネ・ハゼ・カキ 淡色 味・香りに特有のクセがあります
シナノキ・ソバ・クリ 暗褐色 味・香りに特有のクセがあります
     

shop info店舗情報

はちみつ工房 つちや

〒508-0001
岐阜県中津川市中津川
       2364-1712
TEL.0573-66-7478
FAX.0573-64-9033